基調講演ゲスト

第六期

原晋

青山学院大学駅伝部監督
1967年3月8日、広島・三原市生まれ。
世羅高3年時に全国高校駅伝4区出走2位。中京大3年時の日本インカレ5000m3位。1989年に中国電力陸上部に1期生として入部。主将として1993年の全日本実業団駅伝初出場。1995年に現役を引退。その後は10年間、中国電力でサラリーマン生活を送る。知人の紹介により、2004年に青山学院大学陸上競技部監督に就任。2009年に33年ぶりの箱根駅伝出場を果たす。2015年には青学史上初となる箱根駅伝総合優勝を達成。2017年箱根駅伝3連覇に加え、大学3大駅伝である出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝の優勝により、大学駅伝3冠を達成。2018年には史上6校目となる箱根駅伝4連覇を達成。
これまでの陸上界の常識を打ち破り、新たな手法によって日本学生長距離界の発展に寄与している。
2019年4月より青山学院大学の地球社会共生学部の教授を務める。
2022年箱根駅伝2年ぶり6回目の総合優勝を達成。